綺麗に痩せる
トップページ > 玄米ダイエット > 玄米で早食いを治す

玄米で早食いを治すWelcome to Diet Navi

早食いはデメリットだらけ

早食いは良くないといいますが、どんなデメリットがあると思いますか。現代人は食べ物を噛む回数が異様に少ないと言われます。それに伴って食事にかける時間も時代とともに短くなっているようです。早食いは満腹になりにくいので、太りやすいと言われます。ですから早食いがダイエットにマイナスであることは知っている方も多いでしょう。早食いは血糖値を急上昇させるので、インスリンを大量に分泌させ、血中の糖が脂肪に変換されることも、早食いが太りやすい理由の一つでしょう。しかし早食いのデメリットはそれだけではありません。早食いは唾液の分泌量が少ないため、虫歯になりやすくなりますし、胃腸にも負担をかけるので口臭が発生しやすくなります。さらに早食いは記憶力の低下を招くといいますし、良いことなどありません。出来ることなら今すぐにでも早食いを治して欲しいものですが、体に沁みついた習慣を変えるのは中々難しいと思います。そこで早食いを治すためにも玄米を食べて欲しいのです。玄米は固くて歯ごたえがあります。ですから玄米はよく噛まないと食べられないのですね。つまりよく噛まないと食べられない食べ物を食べることで早食いを治すというわけです。「本当に効果があるの?」という感じですが、意外と効果があるのでやってみてください。玄米は栄養価も豊富ですから、栄養もたくさん摂取できて一石二鳥ではないでしょうか。また右利きの人は左手で、左利きの人は右手で食べるようにすると、早食いが治ったという人もいるようです。よかったらお試しください。

Copyright(C) 酵素ダイエット口コミランキング All Rights Reserved.