綺麗に痩せる
トップページ > 朝バナナダイエットの効果 > バナナはうつ病にも効果有り?

バナナはうつ病にも効果有り?Welcome to Diet Navi

バナナの精神的作用

現代病であるうつ病、ストレスの多い現代社会ですから、うつ病に悩まされている人も少なくないでしょう。
うつ病の原因は一つではありませんが、共通していることは私たちの体の中の神経伝達物質が不足したり、あるいは機能が低下していることが考えられます。

神経伝達物質が機能しなくなると、私たちは感情をコントロールすることが難しくなるのです。
最近では女性の多くが過度なダイエットに取り組み、体だけでなく精神状態もボロボロになるというケースが少なくありません。

ダイエットがいけないわけではありませんが、何事も「過ぎたるは及ばざるが如し」ということでしょう。
なお朝バナナダイエットは、ダイエットだけでなく、精神的にも良い影響を与え、うつ病の予防、改善にも効果があることが分かっています。

何故か、バナナにはトリプトファンと呼ばれる成分が含まれているのですが、このトリプトファンが精神安定物質であるセロトニンの原料となるからです。
またバナナにはビタミンB6、マグネシウム、葉酸といった成分も含まれていますが、これらの成分もうつ病には有効とされています。

ビタミンB6やマグネシウムはセロトニンの合成に不可欠ですし、葉酸も気持ちを落ち着かせたり、精神を安定させると言われています。
ダイエットでうつ病を引き起こす人は意外と多いようです。

特に最近注目を浴びている糖質制限ダイエットなどがありますが、糖質制限ダイエットはインスリンの不足を招くことがあります。
インスリンが不足するとトリプトファンの脳内移動を妨げ、うつ病を引き起こすのかもしれません。

ダイエットでうつ気味という方は朝バナナを試してみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 酵素ダイエット口コミランキング All Rights Reserved.