綺麗に痩せる
トップページ > 朝バナナダイエットの効果 > 朝バナナダイエットに危険性はあるの?

朝バナナダイエットに危険性はあるの?Welcome to Diet Navi

バナナの食べ過ぎに注意

バナナには食物繊維や酵素が豊富で栄養も摂れてダイエットに最適と言われていますが、実際のところ危険性はないのでしょうか。
バナナはメリットがたくさんありますが、ノーリスクではありません。

ただしポイントさえ押さえておけば恐れることは無いでしょう。
まずダイエット目的でバナナを食べるのなら、食べ過ぎには注意した方が良いということです。

バナナは朝食を食べることに比べれば低カロリーですが、果物の中ではカロリーも高く1本当たり100kcal程あります。
そのため2本食べれば、ご飯を1膳食べているのと同じカロリーを摂取していることになります。

基本的にはバナナには酵素や食物繊維が豊富なので、カロリーが豊富でもご飯よりはダイエット効果があるでしょう。
しかし食べ過ぎはダイエットにマイナスと考えた方が良いでしょう。

カリウムがたくさん入っているのをご存じでしょうか。
カリウムは血圧を下げる作用があるとされ、高血圧の人には最適な食べ物とされています。

しかしながら食べ過ぎると、高カリウム血症と呼ばれる病気を発症し、細胞の機能が低下するとされています。
1日1本くらいであれば問題はありませんが、食べ過ぎには注意しましょう。

バナナで発ガン率が高くなるとは

ある記事で朝バナナダイエットで発がん率が上がると書かれているのを見かけました。
論点はこうです。

バナナはそのほとんど9割が炭水化物から出来ています。
そのため、朝バナナダイエットでバナナと水だけの食事を続けるとたんぱく質と脂質が不足し、免疫機能の低下や発がん率の上昇が懸念されるというのです。

またバナナに含まれるシュウ酸の影響で尿路結石の発症率も高めるとのことです。
どんな食べ物も利点と欠点があります。

バナナのデメリットを穿り返して朝バナナダイエットを否定した記事だと考えられますが、一理あります。
ただしこれは極端なバナナダイエットを継続することのリスクであり、朝食をバナナに置き換えるだけでは心配に及びません。

実際のところ朝食を食べていない人などごまんといるわけで、記事が本当なら全員癌になってしまいますね。
しかし昼食や夕食でたんぱく質や脂質を摂ることの大切さはお分かり頂けるかと思います。

それにバナナには食物繊維が豊富なので、むしろ大腸がんなどのリスクは下がるはずです。
推進派もいれば反対派もいるという良い例ではないでしょうか。

どうしても心配なら豆乳とバナナを割った豆乳バナナジュースにすれば、良質なタンパク質も摂れて一石二鳥だと思います。
少しミキサーにかけるのが面倒臭いですが、バナナだけを食べるよりは健康にも美容にも良いと思います。

とはいえ朝バナナダイエットもやり方には気を付けた方が良いかもしれません。
尿路結石が心配なら食べ過ぎにも注意しましょう。

Copyright(C) 酵素ダイエット口コミランキング All Rights Reserved.