綺麗に痩せる
トップページ > 朝バナナダイエットの効果 > バナナを夜に食べてリラックス

バナナを夜に食べてリラックスWelcome to Diet Navi

バナナはセロトニンの分泌を促す

朝バナナダイエットというぐらいですから、バナナは朝食べた方が良いと思うでしょう。
でも実はバナナを夜に食べても嬉しい効果があります。

夜バナナのメリット、それはリラックスできることです。
バナナを食べると気持ちが落ち着くなんて経験ありませんか。

実はバナナは癒しホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促す、リラックス作用に優れた果物でもあるわけです。
ですから夜眠る前にバナナを食べると、気持ちが落ち着いてぐっすりと心地よい眠りに着くことが出来るというわけです。

セロトニンが体内で生成されるには、原料であるトリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸を摂取する必要があります。
バナナにはこのトリプトファンが含まれているから、セロトニンの合成を促すことが出来るわけです。

しかしトリプトファンだけでは摂取しても意味がありません。
セロトニンの原料はトリプトファンの他、ビタミンB6やマグネシウムなどの栄養素も必要です。

それから忘れてはならないのは糖質です。
セロトニンの合成には糖質も重要なのです。

よく糖質制限している人がセロトニンが不足するのは、糖質が足りないからだと言われます。
バナナにはビタミンB6やマグネシウムの他、糖質も豊富ですから、効率よくセロトニンが作られるわけです。

糖質制限によってうつ病になる人が多いのも、糖質の不足が原因なのかもしれません。
またぐっすり質の高い睡眠を取るにはメラトニンというホルモンが関係しているのですが、メラトニンが作られるにもセロトニンが必要なのです。

朝バナナも良いですが、夜にバナナを食べてリラックスしてみませんか。
きっと気持ちの良い目覚めを感じられるようになるはずです。

Copyright(C) 酵素ダイエット口コミランキング All Rights Reserved.