綺麗に痩せる
トップページ > 朝バナナダイエットの効果 > バナナと血糖値の関係

バナナと血糖値の関係Welcome to Diet Navi

バナナは血糖値を上げる?

バナナは甘みが強く、他の果物に比べて糖質が多いとされています。
そのため血糖値を上昇させるのではないかという意見もあります。

確かにバナナを食べることで血糖値は上がります。
そのため糖尿病の方など、血糖値の心配がある方には朝バナナダイエットは不向きです。

専門家に聞いても、糖尿病患者には糖質制限ダイエットの方が良いと答えるでしょう。
しかしながら果物に含まれる糖質は果糖と言われ、ご飯などの糖質に比べると、血糖値の上昇は少ないと言われています。

またバナナには血糖値を下げるための食物繊維やカリウムが多く含まれています。
食物繊維は消化されないため、糖質の吸収を妨げ、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

食事の前にサラダを食べるとダイエット効果があるのは、このような血糖値の上昇を抑える働きからも窺えます。
またカリウムは血圧降下作用、血糖値を下げたり、インスリンの働きを助ける効果があります。

ですから、バナナを食べることで一時的に血糖値が上昇することはあっても、すぐに血糖値は落ち着くため、脂肪を蓄積させる心配はありません。
逆にバナナの甘みが程良く血糖値を上げる上に腹もちが良いので、朝食置き換えに向いているといえるでしょう。

血糖値が高い人に共通しているのは、ミネラルが不足していることです。
バナナにはカリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富なので、食生活で不足しがちなミネラルを補うにはもってこいの果物なのです。

Copyright(C) 酵素ダイエット口コミランキング All Rights Reserved.