綺麗に痩せる
トップページ > 朝バナナダイエットの効果 > バナナを温めると栄養価が増す?

バナナを温めると栄養価が増す?Welcome to Diet Navi

ホットバナナで抗酸化力がアップ

今巷ではホットバナナなる食べ方が流行しているようです。確かにバナナは色んな料理に合いますし、温めても美味しそうですね。作り方は簡単で、バナナをレンジで30秒から1分程度チンするだけです。でも果物を温めると酵素や一部のビタミン類は変性してしまうのでは?と思われるでしょう。確かに酵素やビタミン類は熱に弱いものが多いので、温めることで働きは失われます。しかしながらバナナに含まれるビタミン類はそれ程多くないので、温めてもそれ程影響はないと思います。むしろバナナを温めると一部の栄養素が増えることが分かっています。バナナを温めるとファイトケミカルの吸収が良くなったり、オリゴ糖が増えるため、抗酸化作用や便秘解消効果がアップすると言われます。何故ならバナナを温めることでファイトケミカルを包んでいる細胞膜が破壊され、体内に吸収しやすくなるんです。さらにリンゴも温めると甘味が増して美味しくなりますが、バナナも温めるとオリゴ糖が増え、糖度が上がるので、甘くて美味しいデザートになります。ホットバナナにシナモンをかけても美味しく召し上がれるかもしれませんね。本来バナナは朝食べるのが良いと言われますが、南国のフルーツであるゆえ、食べると体を冷やしてしまいます。特に冬などの寒い季節は冷たいバナナを食べると胃腸が冷え、働きが鈍ります。冬に便秘になりやすのは、胃腸が冷えてしまうからなのですね。しかしホットバナナにすれば胃腸も温まり、胃腸の働きが活性化されることでしょう。

Copyright(C) 酵素ダイエット口コミランキング All Rights Reserved.