綺麗に痩せる
トップページ > 朝バナナダイエットの効果 > 朝バナナダイエットとコーヒーの相性

朝バナナダイエットとコーヒーの相性Welcome to Diet Navi

プチ断食中はコーヒーはNG

朝バナナダイエットの方法は基本的にバナナと水を用います。
ではお水以外は飲んではいけないのでしょうか。

私の場合、バナナとコーヒーの相性が良くて、ついついコーヒーを飲んでしまいます。
正直な話、コーヒーに含まれるカフェインは一部の酵素を破壊したり、ビタミンやミネラル、鉄分を消費してしまうという欠点があります。

そのため酵素ダイエットにおいては、コーヒーは飲まない方が良いという結論になります。
また胃腸に刺激を与えるため、断食中などはコーヒーは止め、お水や酵素ドリンクを飲んだ方が良いのは言うまでもないことです。

バナナとコーヒーは相性が良い

一方でコーヒーのカフェインには消化酵素であるリパーゼの働きを活発にして、ダイエットに効果があるともされています。
リパーゼは脂肪を分解する酵素であり、コーヒーに脂肪燃焼効果があるのはこのリパーゼの働きを活性化するからであると言われています。

またコーヒーを飲むと便をもよおす経験はありませんか。
これはカフェインによって腸の動きが活発になるからです。

これらの事を考慮すると、一概にコーヒーがダイエットにとってマイナスとは言い難いことだと思います。
それにバナナとコーヒーは実は相性が良いのです。

というのも、コーヒーの利尿作用によって不足した体内のカリウムをバナナで補うことが出来るからです。
コーヒーを飲み過ぎたときに頭痛がしたり、嘔吐や吐き気、痙攣を起こすのは体の中の電解質のバランスが崩れているからと言われています。

電解質のバランスを調節しているのは、体内に元々あるカルシウムやカリウムなのです。
バナナはカフェインの副作用を抑える働きを持っているのです。

バナナとコーヒーは味の相性も良いですし、ストレスを溜めない程度に朝バナナダイエットにコーヒーを取り入れても良いかもしれません。
ただしプチ断食中は止めておくのと、飲み過ぎには注意です。

Copyright(C) 酵素ダイエット口コミランキング All Rights Reserved.